金利だけでは選べない住宅ローン借り換えサイト

本当に重要視してみるべき点は金利以外にもあることをご存じでしょうか?

金利だけで選んではいけない理由とは?

住宅ローンを借りる際に返済方法を選択します。変動金利型と固定金利形から選ぶことができますが、ここでは変動金利型のローンのデメリットについて紹介して行きましょう。
calculator paper.
変動金利型のローンのデメリットとしてあげられるのは、返済計画が立てにくいということです。変動金利型は金利変動の影響を受けます。そのため金利の上下によって返済総額が変わってきます。金利が下がる場合は得をしますが、金利が上がった場合には大きな損になります。

変動金利型のメリットとしては、基本的に設定されている金利が低いことがあります。そのため固定金利型よりも金利が低く、選択する人が多いです。ですが変動金利を選択すると、最終的に支払うことになる金額が上下します。
下がった場合にはいいですが、現在は低金利の時代です。そのためこれからさらに金利が下がるということは考えにくく、金利が上昇する可能性が高いです。そのため変動金利を選択するとリスクが大きいかもしれません。

金利が変動するとかなり大きな負担になります。数%の差ですが、返済額としては数十万円から数百万円変わってきます。変動金利の基本的な金利が低く設定されていることには、こういったリスクが有るという理由があります。

無理なく返済できるかを重要視する

money bags変動金利は一見お得に見えるかもしれません。しかし時代の流れに影響を受けるので、現在とこれからの状況を予測して検討する必要があります。一番重要なのは自分が無理なく返済できるかどうかという点です。

住宅ローンの借り換えの際には必要な書類が非常に多くあります。そのため時間に余裕を持って集めておくことが重要です。借り換えを申し込む前になってから集めるとなると相当な時間と手間がかかります。上手に集めることが出来れば二三日で集めることができるかもしれませんが、連帯保証人などは時間がかかる場合もあります。

連帯保証人になってもらうためには連帯保証人の身分を証明する必要があります。そのため連帯保証人の印鑑証明や所得証明書などの書類が必要になります。この内印鑑証明は人によっては持っていないことがあります。なければそれでいいというわけには行かないので、連帯保証人になったもらうために印鑑証明をして貰う必要があります。

印鑑証明の手続きは本人が行うのが一番簡単です。本人が役所へ行き、実印と本人確認書類となるものを持っていくことで印鑑証明は完了します。即日印鑑証明を発行してもらうことが可能なので、特に時間が掛かるということはないでしょう。
しかし厄介なのが連帯保証人になって貰う人が自分で役所に行って印鑑登録をすることができない場合です。こういった場合には代理人が印鑑登録をすることになります。

代理人になるとは

money5代理人が印鑑登録をする場合には、事前に委任状を用意する必要があります。委任状は役所のホームページから印刷することができます。この委任状を用意して、代理人が役所に行くことになります。その際、本人の実印と代理人の印鑑を持っていく必要があります。役所で手続きをすると一度本人に照会書が届きます。その照会書の署名欄に本人が署名したものをもう一度役所に提出することによって印鑑登録が完了します。住宅ローン借り換え サイトで詳細を調べることをオススメします。このように本人が印鑑登録をすることができない場合、時間がかかってしまいます。事前に印鑑登録がないことがわかっている場合には、時間に余裕を持って手続きをしておきましょう。

最近のコメント

    アーカイブ

    保険サービスについて

    http://www.hokenss.co.jp/

    印鑑証明について

    http://www.stampproof.com/cat6/post_10.html
    Copyright© 2013 金利だけでは選べない住宅ローン借り換えサイト All Rights Reserved.